土地家屋調査士

  1. TOP PAGE
  2. 土地家屋調査士

  • 表題登記

    建物表題登記は、建物の所有者が建物の完成後1カ月以内の申請が必要です。

    登記されていない建物を購入した場合にも建物所有権を取得した日から数えて1か月以内に申請が必要です。

  • 土地分筆

    土地分筆登記とは、一つの土地を2つもしくは2つ以上に分割して登記することを言います。

    分筆登記すると、その土地には新たな地番が割り振られ独立した土地として登記されます。

  • 土地合筆

    一つの土地を分割することを土地分筆といいますが逆に複数の土地を一つにまとめることを合筆登記といいます。

  • 地目変更

    土地の地目は利用状況に応じて定められる名称です。

    土地の利用状況が変わった場合は地目変更登記が必要です。

    地目変更が決まってから1か月以内に地目変更登記の義務が課せられます。

  • 地積更正

    地積とは土地の面積のことを言います。

    誤った情報で登記されている地積を正しい地積に登録しなおすことを地積更正登記といいます。

    地積が誤っているのを放置すると様々なトラブルの原因となる恐れがありますので早急に更生が必要です。

  • 境界復元測量

    境界復元測量とは境界標が不明な場合に過去に測量した既存資料から筆界点を復元し、現地に境界標を設置する測量です。

    境界票を設置する場合、所有者立会いの元行います。

  • 建物新築

    建物新築の際には必ず建物表題登記を行う必要があります。

    建物の所有者が建物完成後1か月以内に申請が必要です。

  • 増築

    建物を増築した際には完成してから1か月以内に詳しい増築内容を登記しなければいけません。

    建物の状況を正しく登記することにより所有者の権利が守られます。

    土地家屋調査士は建物を調査・測量し、法務局に必要な手続きを行います。

  • 建物区分登記

    建物区分登記は1棟の建物を分けて複数の建物として登記することです。

    登記の結果は区分建物表示登記と同じになります。区分登記は独立した構造になっていること、すでに建物が登記されていることが条件となります。

お問い合わせやご相談などお気軽にご連絡ください。

所在地
〒904-2163
沖縄県沖縄市字大里84番地32
TEL
司法書士事務所 098-937-3366
調査士事務所 098-937-3369
FAX
司法書士事務所 098-937-3367
調査士事務所 098-937-3311
メールでのお問い合わせ